« クリスマス | トップページ | 壮行会 »

2008年12月29日 (月)

まだまだクリスマス

4


今月半ば、少し早めのクリスマスパーティに2つご招待いただいた。
ひとつめは、夫の研修先 THE CHILDREN'S THEATRE COMPANY の、
大道具さんが主催するクリスマスパーティ。
お世話になっている取引先や、UNION(組合)関係者、役者さん、職員などが招かれていた。
さすがは Scene Shop(大道具さんの部署名)!
テーブルも椅子も、天井から吊られた即席シャンデリアもクリスマスツリーもオリジナル。
お料理も持ち寄り形式で、とっても食べきれないほど豪勢だった。


5_2


当日は、夫も赤いエプロンをしておもてなしする側の一員。
パーティのような類いの場所では、役割がないと基本的に身の置き所がない私も、
何かのお役に立てればと、ところどころお手伝い。
アメリカのパーティでは珍しく、お酒もたくさん出て、
アメリカではクリスマスの定番、エッグノッグ(ラム酒やブランデー、ウィスキーをベースに、
牛乳かまたは生クリーム、泡立てた卵、砂糖、ナツメグを入れたカクテル)も一番人気。


6
*お菓子の家も手づくり♪


7


普段はこんな感じのロフト型の大道具部屋。
劇場内で行なわれるお芝居のすべての大道具を作る部署なので、
屋根も高く、行程を問わず、木工や鉄工、背景画など、すべての作業が可能だ。
夫がお世話になっている部署の方々にお目にかかることができただけでなく、
どんな風に仕事をしているのか垣間みることができた。
しかも本当にいい方ばかりで、とても安心した。


━━━


9
*ミネソタ大学のあるバス停。10種類ほどバスが通るので50人くらいの人が今か今かと待っている。


もうひとつは、いつもポットラックパーティやお料理教室などにお誘いいただいている、
ミネソタ生活27年の日本人ご夫妻主催のクリスマスパーティ。
私の住まいからだとバスで行くには少し不便だったので、
いつもはご親切に車をもっていらっしゃる方がピックアップしてくださっていたのだけど、
今回は初めてバスを乗り継いで行ってみることにした。
そうしたら行く道すがら、とてもステキな発見があった。
ミネソタ大学のミネアポリス校舎とセントポール校舎を結ぶシャトルバスには、
ポータブルのオーディオプレーヤーが客席に置かれていたのだけど、
多分運転手さんの趣味だと思われる、なんともセンスのいいジャズが流れていた。
そのジャズがイントゥルメンタルで、なんとも心地よく、
白銀の世界をひた走るバスの速度と相まって、
まるで何かのミュージックビデオを観ているかのようだった。


10
*運転手さんの私物と思われる、少し時代遅れのポータブルオーディオプレーヤー。


大抵のところにはバスで行くけれど、今回はちょっと難しそうだった。
車だと20分で着くのに、バスだと1時間半かかる。
この日は-12℃くらいだったのだけど、途中まで行って、
乗り換えるバス停で30分も待たなくてはならず、
周りにカフェもなければ、ガソリンスタンドもない…。
もうお家の側まで来ていたので歩けるかどうかお電話して聞いてみたら、
「バスで来たの?!電話くれたら迎えに行ったのに!」と、
結局途中まで、しかも旦那様に迎えに来ていただいた…。


8
*ミネソタオーケストラのチェリスト、イソムラサチヤさん。


旦那様は、実はプロの音楽家。
ミネアポリスに拠点を置く、Minnesota Orchestra のチェリスト。
当日はご自宅にいらしたので、奥様のピアノと共にチェロでクリスマスソングを弾いてくださった。
プロの演奏を、こんな距離で聴けるとは!滅多にない贅沢な時間に、ただただ感動する。
なんと、このチェロは270歳。つまり、1740年代にイタリアで作られたもの。
楽器もチーズやワインと同じで、古いものほど Mature(熟成された)な音がするのだそうだ。
チェロの音色に耳を傾けながら、270年前のイタリアでこのチェロが作られた場所は、
どんなところで、どんな人たちがいたのだろうと思いを馳せる。
とてもあたたかいクリスマスパーティだった。
外はどんなに寒くても、中はほっこりするような出来事が、
ミネアポリスにはたくさんある。


|

« クリスマス | トップページ | 壮行会 »

diary」カテゴリの記事

コメント

白石さん
はじめまして。もうずっと昔の記事に対するコメントなので、これがお手元に届くかどうかも分かりませんが、今日はじめてブログを拝見して、びっくりしてしまいました。というのは私も2年前までミネアポリスに住んでいたのですが、ブログに出てくるウェッジコープが大好きで、毎週通っていたり、他にもなじみのあるカフェやレストランが出て来て、懐かしいなーと読み進めていたところ、なんと、ミネソタのシャトルバスでジャズを流している運転手さんのお話や(私もそのバスは一度しか乗ったことがないのですが、ちょうどめいっていたときだったので、すごく気分転換になってありがたく思っていました)いそざきさんのことも出て来て、びっくりしました。いそざきさんご夫婦にお会いしたことはないのですが、息子さんを知っています。なんかとっても不思議な感じがしました。白石さんとはおそらく入れ違いでミネソタを出て、今は東海岸のケンブリッジにいます。それでは、また、昔の場所探しにブログを拝見させていただきます。

投稿: おしん | 2010年4月11日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099050/26640335

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだクリスマス:

« クリスマス | トップページ | 壮行会 »